■ 第2話あらすじ
  








  →  サンプル画像

1枚目

2枚目

3枚目

腹の中の圧迫感。にじみ出てくる催淫液…。
用が済み、モンスターの手から解放されたマァムだったが、身体に植えつけられた卵はその後も彼女を苦しませ続けていた。

重い身体を引きずりながらも何とかネイル村にたどり着くマァム。
しかしそこで目に映ったのは、変わり果てた村人たちの姿だった。



2人の山賊に襲われたネイル村。
マァムはすぐに山賊に見つかってしまうものの、村人たちはむしろ歓声をあげ、マァムに山賊の一掃を期待する。

だが…。
マァムの膣内に沈められているモンスターの卵が、彼女に本来の力を出させなかった。



村人たちの見ている前であっけなく力尽きてしまうマァム。
山賊に全く歯が立たないだけでなく、卵の思わぬ作用によって身体が急激に火照りはじめ、そしてその様子を察知した山賊はマァムをその場で……。