■エクストラ M男とM女 破邪の洞窟編 あらすじ
  




 開けずじまいだった宝箱の中身がどうしても気になり、ミナカトール会得後に再び破邪の洞窟へ入ったレオナと、その付き添いを頼まれたダイ。
 2人は地下深くでペアの指輪を見つけ、レオナはこれに何らかの破邪の効果を期待して早速 指にはめるが……。

 この指輪は破邪とは無縁の、恐ろしい呪いのアイテムだった。



 身に着けた途端に2人は黒い霧に包まれ、やがてそれは股間の周りへと集まりだして 次第に卑猥な形をとどめていく…。

 2人は呪いの作用によって、決して外す事のできない不気味な器具を性器に装着されてしまうのだった。
 
 慌てた2人は急ぎ地上出口へと向かう事にするが、器具は歩くだけでも性器に擦れて身体の火照りを高めてしまい、更に遭遇するモンスターと戦おうとすると、その時に使う 様々なエネルギーに反応して激しく振動してしまう。

 性器に強烈な刺激をあてられ、何度もイッてしまうレオナとダイ。
 とりあえず振動を止めるため、レオナは魔法を、ダイは竜闘気の使用をそれぞれ止めて一旦は平静を取り戻すが、身体が火照りきった状態で進むこの先の道のりは、それでも苦難の連続だった……。